スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | スポンサー広告 | 
昨 日 忘 れ て た + School Days + 小説(?)書いた
一番期待している、というか、これくらいしか知らないというか。(´・ω・`)

7月3日~6日に各地で放映開始です。

School Days AMV (Info Updated)

http://www.youtube.com/watch?v=NMZfwhVlH54

3分超えたあたりからがうはうはwwwwww

特に3分37秒付近!!

詳細は見てのお楽しみにょん♪

>http://www.avexmovie.jp/lineup/schooldays/





テニスの試合、昨日は2戦2勝0敗(1戦途中終了)

今日は3戦1勝2敗

アカン・・・アカンて・・・・・・

なぜ俺が第1コートなんや・・・・・・・・・

昨日より明らかに強いじゃないか(´・ω・`)





20070621234559.jpg

人って頭撃たれても(場所によるけど)普通に喋れるんだよね。

もちろん病院いかなければ出血で死ぬと思いますが。

・・・あぁ、俺何書いてるんだろ(´・ω・`)

とりあえずこのハルにゃんは可愛いですよっと





昨日・・・というか今日の朝、0:09:56から1:10:46まで小説もどき書いてました。
(ファイル更新時刻より)

それでブログ忘れてた・・・もとい眠くて耐えられなかった。

眠たまなこで、しかも勢いで一気に書いたから読みにくいと思う。

内容はもちろん全年齢。

恥をかくことなんて恐れやしないさヾ(´∀`*)ノ

だいたいこういう拙いものは見ている方が痛い気がする。

一切の加筆・修正・校正はしていないのであしからず。

※注意 この小説もどきには♀×♀を示唆する表現が含まれています。 ###…主人公(女)
@@@…同室の子(女)

元気で活発な女の子、###。
入学して学級委員長に立候補し、クラスのまとめ役を担っていた。
体育祭や文化祭もリードして、体育祭では学年1位。
文化祭での出し物『甘味喫茶 すうぃーと』では華やかな衣装と宣伝によって大繁盛。
とても輝いていた。
最高のクラスだと全員が思っていた。
けれど###をあまり良く思わない人もいた。
それは集団の中では当たり前のことだ。
だけど目立ちすぎたためにいじめに発展した。
最初は###の靴を下駄箱から外に出して散らかしておく程度だった。
それが段々エスカレートし、下駄箱に落書きされ、白い靴にマジックで『死ね』と書かれた。
しかし###は気に留めていなかった。
それは中学校時代にも同じようなことを経験したからだ。
時間こそかかったものの、最終的には仲良くなることができたから今回も仲良くなれると信じていた。
だけど違った。
昼休みに弁当を食べようとしたら見当たらない。
ロッカーの中も、机の中も、かばんの中も。
外に放り投げられているわけでも、床にひっくりかえっているわけでもなかった。
家に忘れたのか・・・と思い、購買でパンとジュースを買って済ませた。
そしてそれをゴミ箱に捨てに行ったときに分かった。
弁当はフタをしたままゴミ箱の中へ捨てられていた。
###はそれを見なかったことにしてそのまま午後の授業をうけていつもどおり帰宅した。

次の日。

いつもどおり登校し、いつもどおり授業をうけ、昼休みになった。
今日も弁当はなかった。
恐る恐るゴミ箱を覗くと・・・案の定そこには###の弁当が捨てられていた。
今度は中身がすべて出されていた。
###は今日も購買へ向かった。
「売り切れだよー、わるいね。さっき残りを全部買っていった子がいるからもらったら?1つくらいくれるでしょ。」
そう購買部の先輩に言われた。
作り笑いで済ませた。
教室に戻るとパンやおにぎりを大量に持っている子がいた。
その子はにやにやしながらこちらを見ている。
気にせずに目を逸らした。
今日は昼食抜きで午後の授業をうけて帰宅した。

この日からずっと同じ状態が続いた。
弁当はゴミ箱に中身を出されて捨てられ、購買はいくら急いでも売り切れだった。
何日も続くうちに昼飯抜きに慣れた。
他に何かしてくるわけでもなかったので良かったと思っていた。

それからも同じ状態が続いた。
他には何もしてこない。
ただ弁当を捨て、購買は売り切れ、そんな日がずっと続いた。

そのうち###は弁当を持ってこないようになった。
当然だが、捨てられるものを持ってくる必要はない。
母親に作ってもらった弁当は、出かける前に自分の部屋に隠した。

こんな日が続いて数ヶ月。
###は朝食や晩御飯もあまり食べないようになった。
親は理由を尋ねるが###自身も理由がわからないのでどう答えていいか分からず、ただ適当におなかいっぱい、と答えていた。

そして###は倒れた。

栄養失調だった。

日常的に少食で、昼飯は一切食べていなかったせいもあり、入院してからも病院食はあまり喉をとおらない。
胃自体が少食に慣れてしまい、あまり入らなくなっていた。
身体は栄養を欲しているのに胃に入らない。
###自身も頑張っていたから少しずつ食べる量は増えてきている。

――間に合わない。

点滴による栄養補給で何とかしのいだ。
体力はあるほうだったが今となっては毎日寝てばかり。
身体を起こすことさえできなくなっていた。
医師は「ここまで症状が重いと・・・」と口を濁した。
###自身も希望など持っていなかった。
もちろん親には何も話さず、ただ沈黙を守っていた。

そのうち毎日見舞いに来ていた親も週1回、月2回、と次第に減っていった。
しまいには見舞いに来なくなり、###は毎日同じことの繰り返しの中を生きていた。
起きて、食べて、検査して、寝て、起きて、食べて、検査・・・
そろそろ死んでもいい頃かな、と思い始めたとき、その子は現れた。
@@@と名乗った。
まるであの頃の自分のようだった。
@@@も自分と同じ病室で入院することになったらしい。
どこが悪いのか###には全く分からなかった。
それくらい元気な子だった。
@@@は毎日いろんなことを###に話した。
だんだん###も@@@に話すようになった。
だけどお互いに相手のことには触れなかった。
だからかもしれない、###と@@@は次第に仲良くなっていった。
笑いもでるようになった。
そんな中、看護士さんから聞かされたこと。

「###さん、数ヶ月前から入院費の支払いがされていません。親への連絡も一切つきません。」

親は自分を見捨てた。
それもそうだろう。

それを@@@は聞いていた。
次の日、@@@の母親が###にこう言った。

「###さん、うちにきませんか?」

払ってくれたのだとすぐに分かった。
###は迷うことなく

「はい。」

そう言った。
###は何でもする覚悟だった。
@@@とは仲良くなれたし、こんな自分のためにお金を払ってくれる人だ。
そしていつのまにかだいぶ食べられるようになっていた。
医師は
「心がすごく良好になったのが良かったですね。」
と言った。

それから###と@@@は毎日一緒に寝るようになり、毎日一緒にご飯を食べ、毎日一緒に院内を散歩するようになった。
散歩のときは手を繋ぎ、寝るときにも手を繋いだ。
ある夜、@@@は###に抱きついた。
びっくりした###は@@@が自分を抱き枕にしていると思い、抱き返した。
温かさと心臓の鼓動が伝わってきた。動悸は早かった。

@@@は片手を離すと、###の身体へと運んだ。
END     
スポンサーサイト
2007-06-21 (Thu) | 雑記 | COM(2) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS

スクイズは発売日にとらの穴に走った記憶がwww

西園寺の名前はここから来てたり・・・・

正直、言葉派が多いけどENDによっては嫌いになったり・・・

ソレもいい思い出wGOODENDは全部好きですが

初めてプレイしたときのENDが鮮血の~だった人は俺だけじゃないはず!
2007/06/22 00:21  | URL | 西園寺 #-[ 編集/削除]

>>西園寺さん
Σ(´Д` )
概要くらいしか・・・orz
とりあえずwktkしてますわw
2007/06/23 01:57  | URL | なつ #E2ywrYdA[ 編集/削除]
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |

カウンタ

拙作で新作のフリーウェア

最近放置気味('A`)

・AAViewer2 Ver2.42b+
  最新版をダウンロード
・DesktopWiki Ver0.99a9
  最新版をダウンロード
・Audio Frontend Encoder Ver1.03
  最新版をダウンロード
・PNG画像最適化 Ver1.00
  最新版をダウンロード
・Windows Live Messenger アイコン抽出ツール Ver1.05
  最新版をダウンロード
・HollowOutImage Ver1.02
  最新版をダウンロード
  Ver1.02 → 1.02b パッチ

他はwhite raspberry(本家)にて

■■■リンク■■■

このブログをリンクに追加する

好きな方々







好きな絵描きさん&マンガ家



心の中で応援しているリンク




サイト内検索

RSSフィード

表示確認

Vinelinux3.2
Mozilla Firefox 2.0.0.6
1024x768
を推奨。

Windows XP MCE 2005
Mozilla Firefox 2.0.0.6
1280x1024
で表示確認&書いています。

その他

■トラックバックおよびコメントを制限中■
当ブログは制限対象となるものが1つでも含まれているとコメント・トラックバックはできません。

▼現在の制限対象:
・不適切なコメント・トラックバック内に含まれていたURL
・不適切なコメント・トラックバックを行ったホスト
・不適切な単語

※不適切とは当ブログにおいての不適切であり、管理人の判断で決めています。

投票

質問 あなたが使う音声形式は??
MP3
MP4
M4A
WMA
OGG
TTA
WAVE
FLAC
APU
その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。